バリッドコードについて

会社名 Valid Code 株式会社
設立 2023年1月6日
資本金 100万円
代表者 代表取締役 西脇 健太
業務内容

1. コンピュータ及びその周辺機器、事務機器、通信機器、電気機器の 販売、輸出入、保守及びコンサルティング

2. コンピュータシステム及びソフトウェアの開発、設計、製作、販売、 輸出入、保守及びコンサルティング

3. 前各号に附帯又は関連する一切の事業 

所在地 〒532-0003
大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル 3F
tel : 06-7668-8329

Coding
Room

〒532-0004
大阪市淀川区西宮原2丁目7−36 サムティ新大阪WEST 407
tel : 06-7668-8329
許認可 医療機器製造業登録証
登録番号:27BZ200717

代表あいさつ

西脇 健太

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

弊社は、2023年1月に法人として始動しました。

ちょうどWindowsNTがビジネスコンピュータとして、UNIX・オフコンから切り替えていき、リレーショナルデータベース、インターネットが普及して行く2000年に、私はプログラムと出会いました。

ちょうどプログラマーが3Kと言われた時代です。

その頃の先輩は、みんなコードに対してストイックで、フローチャート、手書きのコーディングシート、蛍光ペンでテスト結果に色を塗る時代でした。

そう言う先輩に私は10年鍛えていただきました。

その後、フリーランスとして10年、若いプログラマー、海外のプログラマーと出会い、教え教わり勉強させて頂きました。

私は、よく見た目で判断され、「プログラム作ってんの?」って言われますが、20年以上ソースコードとニラメッコしています。

プログラム言語は、建設業に例えるなら、トンカチと同じだと思います。

トンカチの叩き方は、当然、経験、テクニック、イノベーションも必要だと思います。

建設業では営業マンでさえ、お客様の家の釘が出ていたら、きっと、トンカチで応急処置をすると思います。

しかし、我々IT業の多くの会社の場合、営業マン、プロジェクトマネージャー、SE、CEは、エクセルで支持するだけで、トンカチを叩きません。

悲しいですが、現実です。

また、1年2年の経験だけで、そこそこのプログラムは作れるのも現実ですが、そんなコードで行政、金融システムを作ったら、昨今のトラブルが起こるのも、誰もが想像出来ると思います。

発展途上国と言われていたアジア諸国のプログラマーと、今の日本人を比べると、完全に負けています。

トンカチを叩かない日本のIT会社を考えると当然だと思います。

こう言った現状を変えていく事が、先輩達に教わった事への恩返しで、我々の義務だと思っています。

プログラムのコードは、本当に忠実なツールです。正しい事も、間違った事も、気分が乗っていない事も、とりあえずでやった事も、忠実に実行します。

とてもシンプルです。

だから、気持ちを込めて、自分で選択したコードを書かないと、お客様に失礼です。

私自身、「とりあえず」と言う言葉は使いません。「とりあえずお願いします」もお断りします。

「間違っているかもしれませんが、まず、やってみましょう!」としか言いません。

そんなソースコードをお客様に提供する事が、我々のミッションです。

医療機器製造業登録証

某Sier様による、仙台の某医療法人への不当請求訴訟にて、私西脇の人間性を否定する陳述書が、某Sier様の弁護士から提出されましたので、私の個人情報を開示します。

【追伸 2024/2/8】本訴訟は、某Sier様が医療法人様へ90%の返金する事で、和解となりました。本件のようにシステム開発と言う多くの方が分かりにくい商品に託けて、ITベンダーのゴリ押しにより、ユーザー様が泣き寝入りしているケースは、近年沢山あるんだろうと感じます。IT化が進む社会ですので、こう言ったお悩みに対して、1システム会社としてお手伝い出来る事はありますので、ご相談頂ければと思います。

私は、多くの方々のようには、社会貢献や力量の部分で、まだまだです。しかし人の命と向かい合われている医療法人と取引させて頂いている一業者として、どんな行動が合っているか分かりませんが、出来る事はやろうと言う意志は持っています。